外壁塗装の相場はいくら?外壁塗装の見積もりは一括見積もりが便利!

外壁塗装の相場を知りたい!リフォームを考えている方にとって、「相場を知る」ことはとても大切なことです。
相場を知らなければ、実際の見積もりの額が「安い」のか「高い」のか、それとも「相応の価格」なのか、判断することもできません。

 

外壁塗装の相場を知るためには、「複数の業者から見積もりを取る」ことが一番手っ取り早い方法なのです。

 

とはいえ、相場を知りたいがために、軽い気持ちでお店に行って見積もりを取るのも面倒ですよね。

 

そんな方には、外壁塗装の一括見積もりが簡単にできるサイトを利用していただくのが便利です。
もちろん、無料見積もりで同時に3社〜見積もりが取れますので、とっても便利です。

 

外壁塗装一括見積もりサイトはこんな方に便利!
・見積もりを取るのが面倒
・見積もりした業者から営業の電話がかかってくるのが面倒
・断りの連絡を入れるのが面倒

 

外壁塗装の一括見積もりサイトは、こんな問題を解決してくれます。
・簡単入力で見積もり・相場がすぐにわかる!
・1回の入力で、3社〜見積もりが取れる!
・お断り代行サービスがある

 

面倒なことは、すべて一括見積もりサイトの担当者が行ってくれるのでとっても便利!

 

とにかく相場を知りたい!と思う方は、無料なので試しにぜひ一度チェックしてみてください。

 

オススメの無料外壁塗装一括見積もりサイト

外壁塗装の窓口

地域密着の優良塗装店530社から無料で一括見積もりできる!

わずか10秒で簡単相場チェックも可能!
イエローカード制度で優良な塗装会社を厳選!
お断り代行制度で面倒な電話もお願いできる!

 

 

外壁塗装の駆け込み寺

全国300社の塗装業者から最大3社まで一括で無料見積もり可能!

簡単10秒クイック見積もりで簡単に相場がわかる!
お断り代行も行っており、直接業者から営業の電話がかかってくる心配もありません。

 

 

外壁塗装の相場を知れば、悪徳業者に騙されない!

近年、悪徳業者による詐欺が多発しており、外壁塗装や屋根塗装など、マイホームのリフォームを考えている方は慎重になっていることと思います。
そこで、悪徳業者に騙されないために注意すべきポイントをいくつかご紹介します。


騙されないためのチェックポイント

  • 異常な値引き額を提示してきていませんか?
  • 「早くしないと危険です」など、異常に不安を煽ったりされていませんか?
  • 「こんなに長くもつんです!」など、異常な耐久年数を提示してきていませんか?

上記に当てはまる業者が全て悪徳業者というわけではありませんが、このような営業を受けた場合は注意が必要です。

 

悪徳業者かどうか判断するためには、1社だけの見積もりで決めてしまわないこと
複数社の見積もりがあれば、提示されている価格や、耐久年数などについて比較することができるので、冷静に判断することができます。

 

外壁塗装の相場を知ることは、そういった意味でも非常に重要なのです。

 

外壁塗装 塗り壁とサイディング、どちらがいいの?

サイディングは、価格が安く、タイル風、石積み風、板張り風など色々な風合いが楽しめるのでとても人気の外壁リフォーム。
最近ではかなりの家の外壁がサイディングボードを使用していますよね。

 

でも、昔ならではの塗り壁も捨てがたいところ。
塗り壁は、昔とは違いサイディングと同じように色々な種類がありますが、やはり塗り壁の風合いが好きな方には根強い人気があるのも事実。
また、最近では環境・健康思考が高まりつつあり、漆喰・珪藻土等の自然素材を使用した塗り壁の人気が高まっています。

 

サイディングと塗り壁、どちらがいいの?
悩んでいる方のために、それぞれの特徴をご紹介します。

 

サイディングのメリットとデメリット

  • 価格が安い
  • 色々な風合いが楽しめる
  • 風通しがよく、外壁内部に湿気がたまりにくい
  • 割れが少ない
  • 重量が軽いため地震などの崩壊に強い
  • メンテナンス周期が塗り壁よりも早い
  • 反りや割れで差し替える必要があった時に、同じデザインが廃版になってしまう可能性がある

 

塗り壁のメリットとデメリット

  • 塗り壁独特の手仕上げの風合いが楽しめる
  • メンテナンス費用がサイディングより安い
  • 漆喰・珪藻土等の自然素材なので化学物質を使わない
  • 汚れが目立つ
  • ひび割れなどが起こりやすい

 

主流はやはり、価格が安く色々なデザインを楽しめるサイディングなのですが、実は最近はシックハウス症候群などを気にする方も増えてきて、塗り壁の人気も高まっています。
サイディングが色々なデザインを楽しめるのであれば、塗り壁は職人手作業の風合いと、自然な素材感が楽しめるというメリットもあります。
ただ、やはり塗り壁で気になるのはメンテナンスですよね。
サイディングの方がメンテナンスが必要な周期は短いものの、価格ははるかに安いです。
また、サイディングは職人の技術によって出来栄えに差ができにくいので、サイディングをオススメする業者も多いと思います。

 

どちらの外壁塗装にするかは、それぞれの好みによって変わりますが、概ねどちらも高い素材の方が見た目がキレイだと思います。

 

外壁塗装・屋根塗装を失敗しないために・・・体験談

 

私の自宅は戸建て住宅です。
ハウスメーカーで建てましたので10年毎の点検を受け、必要な箇所の補修をすることによって保証が10年延長される制度になっておりました。
そこで10年目の点検をしたら外壁塗装とコーキングの補修が必要だと言われました。

 

ネットでも世間相場を調べて予備知識を持った上で、ハウスメーカーからの見積もりを見たところ、思った以上に高くてびっくりしました。

 

外壁塗装やコーキング補修については2割程度高かったのですが、それ以上に足場代の高さに言葉が出ませんでした。
建坪が40坪で30万円との事でしたので内訳を確認したら、足場代には養生ネットも含まれており、また2階、3階へ上る為の梯子もプラス●●万となっておりました。
他社でも見積もりをとったところ数万円安かったぐらいでしたので特別に高くはなかったように思います。
予算を組むうえでは足場代も含めることを忘れないようにしてください。


 

屋根塗装は家の中をリフォームした際に、一緒にペンキを塗ってもらいました。色は黒色で、外から見ると新築のようにキレイになりました。
外壁塗装は築20年くらい経った時に、前にやった塗装業に見に来てもらいました。
「もうそろそろ塗り替え時期だ」といわれたのでそのままその塗装業者に頼みました。
金額は特に他社と比べて高いというわけではありませんでしたが、足場を組むのが高いなと思ったのを覚えています。
外壁塗装の施工期間は3人で来て1週間くらいでした。

 

2回目は築40年近くたった頃、雨樋が壊れたときに1階の屋根に乗りました。
我が家の屋根は瓦ぶきなのですが、屋根がぶかぶかしていることに気づきました。
業者にみていただいたところ、ここまでぶかぶかだと木が腐っているといわれました。

 

そこで板葺からの葺きなおしをしてもらい、その際に瓦葺から新建材に直してもらいました。
この方が軽くて風にも強いとか。

 

さらに、その時に足場を組んだので、外壁に亀裂が入っていると言われこのままにしておくと雨が入ってくるとも言われました。
仕方がないので亀裂の修理と外壁の塗装を頼みました。

 

築40年近く建つと手を入れる必要が出てくるものだな、と思いました。
1戸建てを維持するのには金がかかるなと改めて感じました。